JAいび川

清流きらめく「いび」の地で 育む笑顔のネットワーク
 
Home
JAの概要
事業紹介
いび川の特産品
店舗一覧
トピックス
リンク
お問い合わせ
いび川の特産品 いび川の特産品TOPへ
【特産品情報】
JAいび川が作る「大豆まるごと豆腐」
特産品情報
おいしいものが一年中!いび川の特産品カレンダー

 JAいび川管内では、一年を通じておいしいものがいっぱいあります。このページでは、代表的な農産物の旬の情報を紹介します。
収穫期
お米  JAいび川管内の農産物で生産量・生産額ともに最も多いのはお米です。岐阜県を代表する「ハツシモ」をはじめ、「コシヒカリ」や「ひとめぼれ」等を栽培しています。
お米 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
 
小麦  揖斐郡は岐阜県内でも有数の小麦産地です。生産面積は約460ヘクタールで、そのうち3割にあたる約200ヘクタールで「イワイノダイチ」を栽培しています。小麦生産は営農組織と担い手農家が農地の集約を進め、一人あたりの作付面積は拡大しています。
小麦 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
 
大豆  岐阜県は平成7年から従来の栽培に比べ、化学合成農薬や化学肥料をそれぞれ30%以上削減した栽培を「ぎふクリーン農業」と定義し、推進しています。
 揖斐郡3町では、「ぎふクリーン農業」の登録を受けた大豆を栽培しています。その面積は約200ヘクタールで、最大の「ぎふクリーン農業」登録の大豆産地となっています。栽培品種は「つやほまれ」や「フクユタカ」です。
大豆 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
 
美濃いび茶  美濃・飛騨の豊かな自然の中で育まれた「美濃茶」。西美濃地域の「美濃いび茶」と美濃中央地域を中心とする「美濃白川茶」の二大銘柄として販売されています。
 揖斐川町と池田町は「美濃いび茶」の主要産地です。農薬散布回数をできるだけ減らしたり、最終防除日を徹底するなど、安全・安心の茶生産を心掛けています。
 一番茶のシーズンは5月中旬まで。その後、10月上旬まで、二番茶、秋冬番茶と続きます。
美濃いび茶 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
 ・お茶の季節到来/一番茶の初摘み作業が行われる [07.5.25]
イチゴ  揖斐郡3町にそれぞれ生産組合があり、「豊の香」「濃姫」「とちおとめ」「美濃娘」を栽培しています。収穫したイチゴは岐阜の市場へ出荷しています。
イチゴ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
 
 池田町にある池田山の山麓には「美濃いび茶の茶園」が広がっており、その茶園の合間で梅を栽培しています。6月から小梅、大梅の“青軸”や“白加賀”を収穫し、当JA農林産物直売所で販売するほか、梅干し等に加工しています。
梅 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
 ・池田町梅生産組合が梅干しの出荷を始める [07.8.27]
 大野町は有数の柿産地。甘くて大玉の柿を作っています。主要品種は「西村早生」と「富有」。また、近年は「早秋」や「太秋」の栽培も始め、9月上旬から12月上旬まで、秋の味覚を全国に発送しています。2002年から始めた贈答用の「袋掛け富有柿」は大好評です。
柿 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
 ・大野町で袋がけ富有柿の出荷が始まる [07.12.12]
ページトップへ
い び 川 農 業 協 同 組 合 Copyright(C) 2006 JA-ibigawa All rights reserved.
ご利用にあたって