JAいび川

清流きらめく「いび」の地で 育む笑顔のネットワーク
 
Home
JAの概要
事業紹介
いび川の特産品
店舗一覧
トピックス
リンク
お問い合わせ
トピックス
災害時協力に関する協定を締結しました 2014. 4.18

災害発生時における協力を約束
JAいび川と管内3町が協定書に調印
相互応援・燃料調達・避難施設を提供する

 JAいび川は、災害発生時における「相互応援」「燃料調達」「要援護者への避難施設提供」に関する協定を、管内3町(揖斐川町・大野町・池田町)と結びました。4月15日には揖斐総合庁舎で締結式を執り行い、立会人が見守る中、協定書に調印しました。これにより、災害発生時、町の要請により、当JAは応急活動に必要な物資や燃料の調達、臨時の避難所等として使える施設を提供します。

 2011年3月11日に発生した東日本大震災の教訓から、今後起こりえる大規模災害に備えるため、生命および身体、財産を守る体制整備が求められています。農業協同組合は地域密着型の法人として、組合員および地域住民に対する貢献を行うことを定めており、当JAが呼びかけて今回の締結に至りました。

 締結式には当JA堀尾茂之組合長や3町長をはじめ、立会人として関係機関である西濃振興局揖斐事務所長や揖斐警察署長などに出席いただきました。堀尾組合長は「地域密着型のJAとして農業振興を進めており、地域に根差した運営を行い、組合員や地域住民へ貢献するため、人材や施設を可能な限り提供したい」と力強く話しました。

 協定により、3町からの要請を受けた際、当JAは保有または調達可能な食料、生活必需品およびその供給に必要な資機材、人的支援、救援物資の集積や仕分けに必要な施設を提供します。また、緊急車両用のガソリンや軽油などの燃料を優先的に提供することに加え、介護保険の要介護認定者や障害者手帳所有者などの要援護者が避難施設として利用できるよう、同JAが運営するデイサービスセンター3施設を提供します。

 

 

協定を締結したJAいび川堀尾茂之組合長(左から2人目)と3町長
協定を締結したJAいび川堀尾茂之組合長(左から2人目)と3町長
一覧に戻る
い び 川 農 業 協 同 組 合 Copyright(C) 2006 JA-ibigawa All rights reserved.
ご利用にあたって
一覧に戻る