JAいび川

清流きらめく「いび」の地で 育む笑顔のネットワーク
 
Home
JAの概要
事業紹介
いび川の特産品
店舗一覧
トピックス
リンク
お問い合わせ
トピックス
梅干しの天日干し作業が大忙し 梅本来の味が楽しめると大好評
池田町梅生産組合
2014. 7.23

 岐阜県揖斐郡池田町の梅生産農家で作る池田町梅生産組合は、収穫した青梅を梅干しに加工し販売しています。「梅本来の味が楽しめる」と好評で、夏バテしがちなこの時期にお中元として注文が殺到。夏の日差しが照りつける中、組合員は天日干し作業に大忙しです。

 同町には約5,000本の梅の木があり、「小梅」、「青軸」、「白加賀」を栽培しています。もともとは青梅を市場へ出荷するだけでしたが、付加価値を付けようと40年ほど前に梅干しを作り始めました。毎日食べてほしいと考えて塩分を控えめにし、色付きが悪い原因だった酢の使用をやめるなど試行錯誤の連続。最終的には塩漬けした梅とシソだけで作る梅干しにたどり着き、酸味の多い同町の梅の特長を生かしています。

 梅の収穫から梅干し作りまで、作業はすべて手作業。天日干しは50℃を超えるビニールハウス内で行うため過酷を極めますが、おいしくて色付きの良い梅干しを食べてほしいとの思いから、干しては樽に戻す作業を3回繰り返します。

 作業する小川カツ子さんは「梅干しはどこでも買えるが、私達が作った梅干しを待ってくれる方のため、愛情込めて作っています。この味をいつまでも残していきたい」と話しています。同組合が作る梅干しは、当JA農林産物直売所「グリーンステーション(電話0585-45-0210)」などで購入できます。

 


一覧に戻る
い び 川 農 業 協 同 組 合 Copyright(C) 2006 JA-ibigawa All rights reserved.
ご利用にあたって
一覧に戻る